株式会社 新講社
ホーム 新刊案内 検索 読者レビュー 立ち読み ご注文方法 お問い合わせ


画像をクリックすると
「立ち読み」ができます。


つかず離れずいい関係
人との「ほどよい距離」がわかる本
精神科医 
和田秀樹 

判型 ワイド新書
ページ数 192ページ
初版年月日 2019年02月27日
ISBN 978-4-86081-581-3
Cコード C0295
価格 本体価格900円+税
ジャンル 心理系
ジャンル ビジネス系


解説文
 人との距離が近すぎると、見なくてもいい相手の「欠点」や「わがまま」「無理
解」「無神経」などが見えてしまいます。

 相手との距離を縮めすぎると、時として相手の心に踏み込むことにもなり、相手
には「うっとうしい」「大きなお世話だ」という気分を起こさせたりもします。

 人と人との関係には「ほどよい距離」というものがあります。

 相手を少し離れて見ることで、その人のいいところ、悪いところといった、その
人の全体が見えるものです。

 近すぎず、離れすぎず。そういう距離こそが人間関係を良好にできて、いい関係
を持続させることができるのです。
 「ほどよい距離」をとっていることで、「好き」「いい感じ」「いい人」でいら
れて、「嫌い」「めんどうくさい」「いやな人」にならないのです。

 本書では、「人とはちょっと離れてみる」発想をもつこと、そうすることで「相
手のことがよりよく見える」「いい関係が保てる」という、人間関係がうまくいく
「ほどよい距離」について、精神科医の和田秀樹先生が具体的に解説します。

 この「ほどよい距離」のとり方は、親子間、夫婦間、恋人同士、会社の同僚や上
司、隣人など、「人とつきあう」あらゆる関係に通じています。

 ●一緒のときが長すぎると、わかり合えなくなる
 ●「近づきすぎる」と悪い感情が生まれる
 ●家族が「うっとうしくなるとき」はいつ?
 ●ほどよい距離感で、その人のよさが見えてくる
 ●「少し離れたい」という心のサインを見逃さない
 ●「離れること」と「傍観者になること」は違います
 ●寂しいから誰かにくっつくのですか?
 ●好きならその人を「見守る時間」を大切に!
 ●不満が「ふくらむ距離」と「消える距離」がある
 ●離れたほうが全体が見えて、「正しい判断」ができます
 ●「あなたはあなた、わたしはわたし」の人間関係がいい
 ●自分を豊かにする「孤独」な時間    (他)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◎本書は小社から出版された『誰かと「いい人間関係」をつくるには?』を改題し、
再編集した新版です。

関連情報 立ち読みがご覧いただけます。

目次を見る

■各オンライン書店にて購入できます。以下のバナーをクリックしてください。
 

 
 
株式会社 新講社 〒102-0072 東京都千代田区飯田橋4-4-9-410 TEL 03-3234-2393 FAX 03-3234-2392
Copyright(c)2009 Shinkosha.All right reserved.