株式会社 新講社
ホーム 新刊案内 検索 読者レビュー 立ち読み ご注文方法 お問い合わせ


画像をクリックすると
「立ち読み」ができます。


誰かと「いい人間関係」をつくるには?

精神科医 
和田秀樹 

判型 四六判並製
ページ数 183ページ
初版年月日 2014年02月26日
ISBN 978-4-86081-504-2
Cコード C0095
価格 本体価格1,300円+税
ジャンル 心理系


解説文
 俗に「亭主元気で留守がいい」といいます。これこそ夫婦円満の秘訣とされま
す。いくら仲がよくても年がら年中顔をつき合わせていれば、さまざまな欠点が
目についてきます。

 恋愛も同じでしょう。くっつきすぎや度を越す親密さは恋の終わりを早めます。

 会社の人間関係も同様で、仕事が終わっていつも同じメンバーで飲み歩けば、
人間関係の緊張感が失われ、創造性を欠いた馴れ合い集団となるおそれもありま
す。また、近すぎると、冷静でいなければならない時に、感情がぶつかってしま
います。

 人間関係がうまくいく秘訣は「ほどよい距離」にあるのです。

 本書で、精神科医・和田秀樹先生が、心理的に見て、人間関係がうまくいく
「ほどよい距離」を取る考え方と、取り方をアドバイスします。

 ●近づくほど「その人」が見えなくなる
 ●近づき過ぎると「好き」「嫌い」が極端に出る
 ●「あの人、そんなに悪い人じゃない」と気づく距離がある
 ●いろんな世界の空気を吸える人は、人間関係の「こだわり」がない
 ●好きならその人を「見守る時間」を大切に
 ●近づきすぎてクタクタになる関係
 ●不満が「ふくらむ距離」と「消える距離」がある
 ●家族も会社も近い人ほど「感情」がぶつかる
 ●「あなたはあなた、わたしはわたし」の人間関係がいい(他)

 「ほどよい距離」は、相手に怒らず、振り回されず、相手の良さが尊重できる、
「人間関係が上手いく魔法の距離」なのです。 

関連情報 立ち読みがご覧いただけます。

目次を見る

■各オンライン書店にて購入できます。以下のバナーをクリックしてください。
 

 
 
株式会社 新講社 〒102-0072 東京都飯田橋4-4-9-410 TEL 03-3234-2393 FAX 03-3234-2392
Copyright(c)2009 Shinkosha.All right reserved.