株式会社 新講社
ホーム 新刊案内 検索 読者レビュー 立ち読み ご注文方法 お問い合わせ



平山郁夫の真実


大宮知信 

判型 四六判上製
ページ数 269ページ
初版年月日 2012年06月29日
ISBN 978-4-86081-441-0
Cコード C0095
価格 本体価格2,500円+税
ジャンル 雑学・文芸・実用


解説文
「最後の日本画壇の大家か」あるいは「文化を牛耳る強腕の巨匠か」といわれ
たビッグネーム、平山郁夫。

 若き日は、明日の日本画壇を背負って立つ、貴公子然とした期待の超新星。
「日本一画料の高い日本画家」の地位を占めてからは、画業ばかりでなく、
さまざまな文化事業に大きな足跡を残していく。

 広島で被爆、九死に一生を得た経験からか、「仏教伝来」を画題とした作品
で一気に画壇にデビュー。それからの、日本から西域にさかのぼるオリエント
をテーマにした作品は、美術ジャーナリズムばかりではなく、一般の美術愛好
家からも人気を博す。
 また、教育者としては東京芸術大学で異例の再度の学長を勤める。

 このような大家に対し、これまで世の批評家やジャーナリズムの多くは、称
賛の言葉はあれ、その“素顔”に触れようとはしなかった。著者は、この画家
の名声の生涯をなぞるのではなく、その“生き方”“行動の形”に焦点を絞る。

 美という世界の暗黙のタブーに果敢に挑んだ渾身のライフワークの1冊。


目次を見る

■各オンライン書店にて購入できます。以下のバナーをクリックしてください。
 

 
 
株式会社 新講社 〒102-0072 東京都飯田橋4-4-9-410 TEL 03-3234-2393 FAX 03-3234-2392
Copyright(c)2009 Shinkosha.All right reserved.